春日井市高蔵寺小山クリニック
院長ご挨拶
診療内容の説明
クリニックへの行き方
トップページ
(予防接種 健康診断の予約は直接お電話ください)
診療科案内
リバスタッチノ皮膚症状の防止には添付部位を変える、ヒルドイドを塗る。

認知症の診断。
日常生活の観察。
前頭葉 道具を使う脳 他の脳を制御する。
認知能力

以前と比べて仕事や生活の能力の低下
記憶障害
判断実行

言語

意識は清明

軽度認知機能障害 MCI
記憶障害の程度は病的
買い物はできる。こうつうきかんにはのれる
Mmse24以上

もの忘れ 認知症と老化の違いがある

初診時の認知症レベルの記憶障害 チェック
初めに自己紹介
今年でおいくつになりましたか?
最近のニュース
今は何月ですか
私の名前はなんですか?

長谷川式
さくら猫電車
日付
野菜
ここで失点しやすい

MMSE 日常生活と関連がある

早期発見診断治療が重要
血管危険因子の是正
運動 知的活動
初期から介護に乗せて行く

家族の病気の進行に対する時間的余裕

アルツハイマー病
レビー小体型認知症
脳血管性認知症 以上で7ー8割

認知症の症状
前方障害型 後方障害型
頭頂葉 後頭葉 側頭葉 道具の脳
前頭葉 自発性の低下 抑制の低下 
面倒 関心の低下 引きこもり 同時並行できない 電気ガス水道 コミュニケーション低下
 
後方の脳
認知困難
エピソード記憶障害
形にはまった行動はできる
失認 失行
10時10分になるように絵を書いてください

前方後方
皮質皮質下 で4つに分類 動作が良い 悪い

異常タンパクの蓄積
細胞の死亡
部分的に萎縮する
脳血流低下 spect
病気によって部位が決まっている

原因が一つとは限らない

アルツハイマー病アミロイドβタンパクの蓄積から20年
ワクチンあり
いつとはなしに発症 ゆっくり進行
周囲に合わせようとする。
ともに生活しないとわからない
海馬の萎縮

レビー小体型認知症 進み方の違いだけ
なぜ区別が必要か
進行が早い
治療が違う
副作用が出やすい
幻視

レビー小体型認知症
いい時と悪いところの差
視覚的認知機のうの低下

認知症の見分け方
記憶障害の有無
予防的投与はむつかしい
専門の医療機関に定期的に通院させる
血管危険因子を徹底的に治療する

高血圧 糖尿病 

HbA1c 心筋梗塞 脳梗塞 と関係低い

早くからの治療がいいとはいえない
MCIで介入しても差が出ない
発症したら治療

ロトリガはあまり効かない

半年後とに専門医に受診
 レム睡眠行動障害 数年後アルツハイマー病になる

アセチルコリンの濃度を高める アリセプト リバスタッチ レミニール
アルツハイマー病
レビー小体型認知症 個人差がある特にアリセプト
アリセプト少量投与 よくかんさん 0・5投与抑肝散

ピック病は注意

高齢者のもの忘れ イコールのっとアルツハイマー病
認知症







住所:  〒487-0006 春日井市石尾台2-4-12
TEL:  (0568)48-1112


 

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT (C)2008 KOYAMA, CL. ALL RIGHTS RESERVED