春日井市高蔵寺小山クリニック
院長ご挨拶
診療内容の説明
クリニックへの行き方
トップページ
院長ご挨拶

 

糖尿病はアジアに多い
日本950万人が糖尿病
早期からの治療が大切
1/3が治療を受けていない
壮年期の治療率が低い
7.0に達成率が低い
糖尿病のBMIは徐々に悪化している
チアゾリジン インスリンの感受性の増強させる
SGLT2阻害薬 インスリンに依存せず血糖を下げる
近位尿細管の再吸収を阻害する
糖尿病の人は再吸収の閾値が下がる170-180
2に対する選択性の向上が大切
メトホルミン併用で1%低下
体重3kg減
2/3脂肪が燃えている
痩せ型の人には注意
血圧の低下 
腹囲の低下
HDLの低下
コントロールの悪い人ほどよくなる
HbA1c0・8-1%低下
性器感染
尿路感染が合併症としてありうる
最初の低血糖に注意
脱水への注意
感染に注意
若くてメタボ体型の人にいい 男性
後期高齢者 神経障害のある人 起立生低血圧 脳梗塞 注意
内臓脂肪も減る 皮下脂肪も減る
利尿薬との併用注意
egfr少し低下する
ビグアナイドによるアシドーシスに注意

糸球体の濾過は同じ
近位尿細管に作用
インスリンに上乗せができる
将来的には1型糖尿病にも使えるかも
効果は腎機能に依存

SU剤の効果は長期は続かない
血圧が3.5mg下がる
低血糖なりにくい
膀胱癌は差はない 
発癌 なさそう
排泄される糖は70g
副作用は少ない
ピオグリタゾンとの併用注意 ヨーロッパでは


東京医科大学 小田原先生


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



COPYRIGHT (C)2008 KOYAMA, CL. ALL RIGHTS RESERVED